人類は如何に神々として滅びるか

『自己が無視されることを無視するという彼等の英雄主義』

雨月こぼれ話

どうでもいいちゃどうでもいいがブログはメモだから。

 

 新潮社の「新潮日本古典集成 雨月物語 癇癖談」の雨月物語のなかに、『青頭巾』という題名で、人肉をくう鬼(のように)なってしまった僧侶の話が収録されている。

 本文自体が問題ではなくて、上段にある注釈の末尾に、昔のTV番組について書かれているのがひっかかる。

※この栃木県大平山大中寺には、昭和の今日でも、夜になると、木を叩く快音が聞え人魂が見えることがあるといい、昭和四十九年九月に当時のNETカメラマンが、この怪火と青頭巾の鬼の顔の撮影に成功して放映、大変評判になった。そこで、また同年十二月にも再放映したという。どこまでその事実を信用していいか疑問が残るが、この大中寺という土地は、なにか”霊”的なものが集まりやすい所であるとだけは言えそうである。

 

 この部分いらんだろ。このミニ情報。

 そのほかの部分にはまったく文句がないけど、なんだけ注釈の注釈みたいにここにオカルトというかTVの「やらせ」「こじつけ」映像情報がのってるんだ。

 『”霊”的なものが集まりやすい所であるとだけは言えそうである。』って、いくら「的」とつけたとしても言えねえよ。

 

 グチ(?)終わり。