人類は如何に神々として滅びるか

『自己が無視されることを無視するという彼等の英雄主義』

旅行者

 

船で海を渡ってきたのだろう

#0000ffの晴れ渡ったBlueな空にドット絵の雲が流れ
チタンの翼をもったカモメが
カラーバーの海の上をあやうげに滑空していた


何も知らない懐かしい 来たことのない生まれ育った異国の町で私は

気づけばhighwayを走っている
出口のない 無限に同じ景色がつづく高速をずっと走ろう
このいんちきな一瞬は永久に完結しているから


廃墟になったマンションで壊れているブラウン管TVの画面にとぎれとぎれ映るのは
DVDにしてもらえない古いアニメのまぼろし

突然今ここに投げ出されて無限にずっとここにいる私は


夜、錆びついた狭い道が蛇行する歓楽街の裏通りで、電機のサーフボードを抱えて電子の波を探している気分に浸る

27時のくもり空はバグったファミリーコンピュータの画面
はがれたドットが虹色の雨粒になって降ってくる

スーパーマーケットの中で何列も整列させられているカップ麺のうるさい包装
コンビニの棚にはスナック菓子の袋
ドラッグストアの壁一面を占領するalumin(i)um缶チューハイ

虹色の雨粒がしとしと落ちて ささやかなスパークのあと消えていく夜の街