読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人類は如何に神々として滅びるか

『自己が無視されることを無視するという彼等の英雄主義』

ゲーム三日坊主……ココロ折れるアンコール、それはRESET RESET RESET

f:id:Ashiharayoshi:20160425161042g:plain

 私はオタクではない。

 しかしゲームをやらないではない。ゲームが好きか嫌いかと聞かれれば、ぽっと頬を赤らめ、もじもじしながら、言いだしづらそうに、ぼそっとした小声で「好きです」と囁きもしよう。

 しからば、なにゆえゲーマーともゲームオタクともとうてい名乗る気にはならないか、いや、とにかく一度「好き」だと言ったからには、それ相応にやりこんでみせないのか?

 理由は簡単。ゲームが下手だからだ。もう呆れるほどに。

 

 思い起こせば、まだ物心もつかない、目の前に現実と空想を半分半分にして認識していた幼なすぎたあの日、私は友だちの家に遊びに行き、はじめてTVゲームというものをやった(んだったと思う)。

 とにかく、私はマリオになり、そして同時に、マリオを使役する神となった。

 クリボーだ。まずはジャンプ! とぅるっとぅとぅーとぅーとぅー♪

 その瞬間、私がオタクでありうる未来は否定された。

 中学生の頃、同級生がゲーセンに行くのに付き合って来てみたはいいが、何をやってもすぐに死んでお金がむだなので、仕方なしにクイズゲームをしていたこともある(女子かよ)

 学生時代の寮では、ゴーグル型のディスプレイ

f:id:Ashiharayoshi:20160425163909j:plain(こういうやつな)

を持ち込んでバイオハザードをやっていた同級生に「お前もやってみろよ」的にすすめられ、装着。

「おおー、なんだこれ、すげーな。近未来かよ」と興奮しているのも束の間、最初にでてきたゾンビにガジガジ囓られて死んだ。

 

 みんな大好き(なのか?)マツコ・デラックスがやってる「マツコの知らない世界」って番組がありますが、少なくとも私はあの番組はけっこう見てるんです。

 なんだか前にくらべてTV見なくなったという感慨にふける今日この頃、知らない間に放送が過ぎてたのを知って、あっ、しまった見たかったかも、と思わせる希有な番組。(あとはブラタモリくらいかな。ブラタモリもやっぱ、最初のシーズンが一番面白かったけどね。でも、まあ、タモさんと地方旅行してる気分で見ると最近のも楽しめるよね)

 話がどんどんそれますが、とにかくそのマツコがやってる番組で、ゲーム嫌いなデラックスにゲームの良さを知ってもらおうという回がありまして、(その回のマツコはすげー態度悪かったわけだけど)その中でマツコさんが言った一言に思いきり共感したわけですよ。曰く、

ゲーム好きな人って根気強いのね 

 (忍耐強い、って言ったのかもしれない。とにかくそんな意味のことを言った。別にマツコ信者ってわけでもないので、オネエ言葉じゃないと今の成立してないよなとか、「ふざけんじゃねえ!」とか叫んでるデラックスさんを見ると、うわーこのデブのオカマ男の娘今なんも返しが思いつかなかったからキレ芸でごまかしただろ、TV出過ぎで枯れてきてるんじゃないの、とかおもったりしますが)

 ま、とにかく上で引用した一言に強く共感するわけです。

 なんかゲーム批判する言説に、「現実はゲームのようにリセットしてやり直すことができない。しかし、ゲームに浸って育ってきた今の若者世代は……云々」的なのがありますが、別にその言説が当たってるか当たってないかはどうでもよくて、一回死んだあとに、リセットしてやり直すことがどんなに忍耐を要するのかってことを言いたい。

 君たち、よく心折れないね?

 

 ただし、これだけアクションゲームができない私のような人間でもできるゲームがある。それが、シミュレーションゲームだ!(勝ち誇った、永遠に続くかとも思える長い笑い声)

 でもゲームってそう甘くはないシミュレーションゲームって、なんというか「THE 作業」って感じさせる部分があって、最初のうちは楽しんでても、一通りすればもういいかなっていうか、つまるところ何が言いたいかっていうと、三国志を統一して終わらせるまで自力でやれたためしがない。

 他のゲームも、買って、面白くて、一日二日猿のようにやったあとで、疲れはて飽きはて、まだ途中だけど、ちょっともういいや、ってなるんだよね。なんだろ、つまりあれだよ。

 

 私って詩人的な資質があるじゃないですか? もう少し詳しく言うと、未来のことを先取りしてしまうっていうか、まだ起こっていないことを先取りして想像して、先取りして楽しんで、そして実際に起こったときにはもう疲れてしまっているっていう、詩人的な資質がある人に特有の感性? 想像力? そういうのあるじゃないですか? ねえ?

 

 ……。

 気を取り直して、ゲーム下手の落とし穴は、まだあって、それは下手ゆえに、どうしても攻略情報を見たくなるということなわけだ。そうでなくても、ネットがこんなに側にある時代だ。自分が買ったゲームはちょっと検索してみたくなる。

 で、ウイポですよ。ウイポ。競馬ゲームね。検索したら、すげーやりこんでやんの。G1連覇とかそういうレベルじゃなくて、葦毛を掛け合わせて、白毛をつくって、その白毛を代重ねして、最強馬レベルのお馬さんをつくってる。どんだけ時間かかんだよ。

 

 ま、なんでそんな私が、過去の傷を振り返って、こんなエントリを思いついたかっていうと、パワプロ2016を予約したからなんですよね、ええ。据え置き機なんてもってないので、vitaで買いました。

実況パワフルプロ野球2016 (早期購入特典DLC 同梱)

 いや、いやいや、大丈夫、栄冠ナインあるから。2016にも栄冠ナイン入ってるから。あれは、アクション関係ないからね(でも2014とそんな変わってないだろうなあ、vitaだとフリーズこわいしなあ)あとね、なんかvitaの操作性上がってるらしいよ。だから、私でもそこそこ打てそうな、気がする(仮に打ててもその倍くらい打たれそうな気もするが)

 ちなみに、その前は、ドラクエビルダーズ買って、面白かったんだ、すごく面白くてこれは時間を忘れそうとおもってたけど、そのときちょっと忙しかったというか、やんなきゃいけないことたてこんでたから、少し我慢して、全部片付いてからやろうと思ってたら、そのままになっちゃった。てへ。

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ

 一応、ブツが届いたら報告程度のレビューくらいはするかな。

 報告程度なら、ツイッターですますかもしれませぬ。