ギリシア悲劇を読む、の序章にして、アイスキュロス篇の序章

「ぎりしあへ行きたしと思へど ぎりしあはあまりに遠し せめては古い巻をくりて きままなる読書の旅にいでてみん」 というわけで、本当にはギリシアにさほど行きたいとも思っていないけれども、悲劇と喜劇をもう一度読み直して、ブログ更新のかたがた記録を残そうと思いたった私だ。 手元に人文書院発行のギリシア悲劇全集…