人類は如何に神々として滅びるか

『自己が無視されることを無視するという彼等の英雄主義』

男女

女は、恋人が自分にふさわしくないかもしれないと青ざめ、男は、自分が恋人にふさわしくないかもしれないと青ざめる

人は、ときに愚かで、ときに美しい。 もしくは、ときには愚かしいにもかかわらず、なおかつ同時に美しい。 こういう考え方に、説得力を与えてくれるような人間の営みの一つは、明らかに「恋愛」と一口によばれるものの諸相だろう。 記事のタイトルは、書籍か…

生に寄せる祈り──ニーチェを袖にした美女がものした傑作詩

「生に寄せる祈り」 作:ルゥ・アンドレアス・ザローメ たしかにそれは友が友を愛するようなものだ 謎めける生よ、私がお前を愛するのは たとえ私がお前の中で歓喜に酔いしれたとしても、はた又涙にかきくれたとしても 又お前の私に与えたものが苦しみであっ…